2005年01月27日

【昔話】

ほんの気まぐれでこのBLOGとやらを始めることにした。
一体誰が読んでくれるものやら判らないが、まぁ、暇な時にでも書いてみることにしよう。
もちろん、ネタがネタだけに店や台の名前、俺がいる地域、言うまでもないが攻略法そのものも明かす訳にはいかないが、書く方も暇つぶし...読む方も暇つぶし。そんなつもりで読んでくれればいい。

パチンコを「攻略」できるかどうか...まずは自己紹介も兼ねてそんな話を。

俺がパチンコを始めたのは高校の頃。当時はまだチューリップが閉じたり開いたりしている手打ちの時代。ガキの遊びでやっていただけだが、そんな時も、結構、ドツキとかが通用する台があったもんだった。

それからしばらくして「セブン機」とやらが登場。その後に出て来たのが「連荘機」...これが「攻略」のし放題。大体、無理矢理、連荘をさせる為にどの台も色々な仕掛けで大当たり乱数の書き換えをしてた訳だから、その連荘させる仕組みさえ判れば、攻略なんて簡単なものだ。
この時代といえば、「梁●泊」なんて奴らが有名だったが...あんなものは誰でも知っていたネタだし、もっと稼げる「●●●」なんて台もあった。
とにかく、台が出て、いかにネタがバレる前に人より早く連荘の仕組みを見抜くか...それだけで稼ぎ放題の時代。
ちなみに、稼ぐだけ稼いだら、そのネタを雑誌に売るなんてことをしてた奴らもいた。まぁ、使い古しのネタでも、少なくとも攻略ネタが載っているだけ、スーパーリーチの信頼度がどうとか載っているだけの今の雑誌よりもマシかもな。

その後は「CR」が登場。
まだ大当たり乱数の書き換えなんてことをしてたから、いくらでもネタはあったし...それよりも「体感器」が出来たのが大きかった。今でも誰だか知らないが、これを考えだした奴はノーベル賞ものだと俺は思っている...もちろん、貰える訳はないけどな。

「●門ちゃま」でベンツを買って、「モ●●ターハ●ス」で家を建てたなんて奴はゾロゾロいたし、「マ●カルラ●プ」に、ちょっとショボいが「マ●カ●ルチ●ーサー」なんて現金機も含めれば体感器のネタで困ることはなかったし...俺も含めて、つい最近までは「体感器」だけで食うには困らなかった。

もちろん、大当たりカウンターの速度は段々、早くなっていったし、素人には出来ない台ばかりでも、大当たり乱数の値とカウンターのサイズが判れば、絶対出来ないってもんじゃない。

ただ、「モ●●ターハ●ス」で「体感器」を見切って、他の方法に鞍替えした奴もいたし...まぁ、そのほとんどが偽造パッキーや裏ROMなんて「ゴト」方面で、実入りだけ考えればそっちの方が正解だったんだけどな。
俺自身は「ゴト」は気が進まないし、それなりのネタがあるし、「体感器」や「セット」のネタだけで食っていた。

その内に出てきたのが、今の大当たり乱数カウンター。それまでのカウンターは乱数でもなんでもなかったが、今度はランダムな数値からスタートする、という本当の乱数にしやがった。さすがにこれでは「体感器」もお手上げ。

もう、ここからは俺がいま食ってるネタの話になってくるんで、あまり詳しくは書けないが...「体感器」が使えなくなって攻略も出来なくなった。まぁ、こう思っている奴も多いし、雑誌なんかにもこう書いてある。
結構、結構...そう思っていてくれれば、こっちも助かる。

そうだな。少しはタメなる話を最後にしておくと、「体感器」の時のようにほとんどの台で使えるネタがいまはある訳じゃない。攻略会社なんて奴らが「どんな台の攻略法もあります」なんてことを書いているが、あんなものは嘘八百。くれぐれもそんな奴らに騙されて金を巻き上げられないようにした方が身のためだろう。





posted by 孤狼 at 02:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。